Column#6 整形外科では解決しない筋膜性腰痛

Column#6 整形外科では解決しない筋膜性腰痛

カテゴリ:コラム
投稿日:2013年12月20日

backpain

X線やMRIを撮って、「骨には問題はない」「関節の間が狭くなっているからヘルニア」

「ヘルニアが神経を圧迫している」などと言われるかもしれません。

しかし、痛みの原因はそれだけではありません。

筋膜性腰痛なんて言葉が最近ようやく耳にする様になりましたが、文字通り筋膜が原因で痛みが出ているのです。

筋膜はレントゲンでは写りませんし、また、それなりに触診技術が無いと治療が出来ません。

これがお医者さんに行っても治らない腰痛の盲点なんです。

ソルエマーレでは筋膜リリーステクニックで、筋膜に出来たトリガーポイントを治療していきます。

筋膜についてはこちら

実際、日本整形外科学会でも「画像診断だけでは原因が分からない」と発表もありました。

ヘルニア、椎間板症、坐骨神経痛と診断されても、もし本当に神経系に以上があれば、

シビレ、痛みに加え、筋萎縮、筋力低下も症状として現れます。

それらが無ければ、筋膜性腰痛の場合が殆どです。

マッサージや鍼は筋膜性腰痛の得意分野です。

鍼やマッサージを受けた事があっても改善されなかった経験のある方は、

ソルエマーレの筋膜治療に特化した筋膜リリース、トリガーポイント治療を受けてみて下さい。

sole e mare 滝澤幸一

お問い合わせはこちら045-232-4048
045-232-4048

横浜市中区常盤町1−2−1関内電子ビル2F A-1
営業時間:11:00〜22:00

定休日:日曜、火曜、祝日

※当院は女性専用ではありません。

  • ★リンクバナー

    ★リンク集はこちらから