Column#12 非歯原性歯痛

Column#12 非歯原性歯痛

カテゴリ:コラム
投稿日:2017年8月24日

虫歯が無いのに歯が痛い方を非歯原性歯痛と言います。
非歯原性歯痛は、筋性、神経性、等ガイドラインでは幾つかカテゴリー分けされています。

歯科医院で虫歯や歯茎に問題はないほとんどの場合、咀嚼筋群の筋膜にできたトリガーポイントが原因です。

 

咬筋                   側頭筋

 

 

 

翼突筋

 

 

 

これらの筋肉を鍼やマッサージで緩めることで改善します。

状態にもよりますが1〜4回の治療で改善が見込まれます。

歯科医の間でも顎関節症含め非歯原性歯痛は筋筋膜性疼痛として学会などで

段々んと認識されつつあるようですが、ここ5〜6年のようでまだ広がりは薄いようです。

歯科医院で虫歯や歯茎に問題がなかった場合、削ったり、抜く前に

筋筋膜を緩めることのできる鍼灸院などで治療を受けてみてください。

また、顎関節症も同じことが言えます。

歯は元に戻せませんので大事にしてください。

 

sole e mare   滝澤幸一

お問い合わせはこちら045-232-4048
045-232-4048

横浜市中区常盤町1−2−1関内電子ビル2F A-1
営業時間:11:00〜22:00

定休日:日曜、火曜、祝日

※当院は女性専用ではありません。

  • ★リンクバナー

    ★リンク集はこちらから